ガラスのケミカル研磨装置

GLASS SURFACE TREATMENTガラス表面処理装置

ガラスのケミカル研磨装置

液晶ガラス基板の薄型化量産加工においては、「機械研磨」と「ケミカル研磨」の2種類の工法が代表的です。

 

昨今では、1枚のガラス基板にかかる処理タクトの優位性から、ケミカル研磨が主流になっています。

 

ケミカル研磨にはいくつかの方式がありますが、大型化する液晶ガラス基板にあわせ、当社ではガラス基板を寝かせた状態で搬送する枚葉方式のケミカル研磨装置を設計・製作しています。

当社で設計・製作できる装置は以下になります。

ガラス世代
Size (mm)
同時投入枚数
Generation 8.5
(製作可能)
2200 x 2500
1枚毎 連続流品
Generation 6
(量産機実績)
1500 x 1850
1枚毎 連続流品
Generation 4.5
(量産機実績)
730 x 920
2枚毎 連続流品
製作実績
項目
製作実績 (Generation 6)
ワーク材質
ガラス
ワーク厚み
1.0→0.20mm(超薄型0.05mm可)
主となる薬品
フッ酸系研磨液
処理キャパ
13,300sheet/月
タクト
約125秒
標準納期
5ヶ月
安全対策
各所インターロック有り
運転方法
自動運転
制御方法
PLC制御
規格
JIS規格

ガラスの超薄型化装置【NX】の特徴

ガラスの超薄型化装置【NX】の特徴

ガラス基板を寝かせた状態で搬送しながら、研磨液(強酸)をスプレーで吹き付けることで、ワークを搬送しながら超薄型化加工を行います。

 

仕上がり後の板厚は総厚0.05mm以下を実現可能です。

 
用途

薄型化・軽量化したガラス基板を使用する必要があるデバイスなど。

使用例

1. スマートフォン
2. パソコン
3. カバーガラス、他

装置製作のポイント

エッチング装置全般に言えることですが、強酸の薬液を使用しますので、装置の材料には耐薬品性能がある樹脂を選定するケースが殆どです。

 

樹脂の加工だけなら精度の良い加工機械を使えばできますが、樹脂の溶接技術は一朝一夕で身に付くものではなく、装置の完成度を大きく左右します。

お客様に安心してご使用いただくため、当社では長年の経験とスキルを兼ね備えた、匠の技を持つ技術者のみで製作工程を担当しております。

お問合せは下記よりお願いいたします。

TEL:072-770-1811

営業時間 8:30~17:15

お問合せフォーム

お急ぎの方はこちら
よくある質問
お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社NSCエンジニアリング All Rights Reserved.