GLASS SURFACE TREATMENTガラス表面処理装置

ガラスのケミカルピット抑制装置

液晶ガラス基板の薄型化加工においては「機械研磨」と「ケミカル研磨」の2種類の工法が代表的です。

 

昨今では、1枚のガラス基板にかかる処理タクトの優位性から、ケミカル研磨が主流になっています。

 

ケミカル研磨にはいくつかの方式がありますが、大型化する液晶ガラス基板にあわせ、当社ではガラス基板を寝かせた状態で搬送する枚葉方式のケミカル研磨装置を設計・製作しています。

 

 

当社で設計・製作できる装置は以下になります。

ガラス世代
Size (mm)
同時投入枚数

Generation 8.5

(製作可能)

2200 x 2500
1枚毎 連続流品

Generation 6

(量産機実績)

1500 x 1850
1枚毎 連続流品

Generation 4.5

(量産機実績)

730 x 920
2枚毎 連続流品
製作実績
項目
製作実績 (Generation 6)
ワーク材質
ガラス
ワーク厚み
処理前板厚:1.0mm, 0.8mm, 0.5mm
主となる薬品
フッ酸系ピット抑制液
対応温度
~47℃
処理キャパ
40,000sheet/月
タクト
約50秒
標準納期
5ヶ月
安全対策
各所インターロック有り
運転方法
自動運転
制御方法
PLC制御
規格
JIS規格

ピット発生のメカニズムとNSC独自の抑制処理

元キズや打痕がある状態でケミカル研磨をすると、元キズや打痕が成長しピットになってしまいます。

 

これをNSC独自のピット抑制処理【NP処理】を施すことで抑制することが可能です。

 

ピット発生のメカニズムとNSC独自の抑制処理

ピット発生のメカニズムとNSC独自の抑制処理

ケミカル研磨で目的となる板厚まで研磨したあと、以下のいずれかの理由で機械研磨されるケースがあり、ピット対策にもなります。

【機械研磨でのピット対策例】

1. ピット不良の有無に係らず全数を機械研磨
2. ピット不良が発生した時のみの機械研磨(手直しリペア)

 

しかしながら、全数を機械研磨では十分な量産出力を満足できないケースが殆どです。

 

また、リペア目的で機械研磨をするにしても、ピット不良発生率次第では機械研磨で生産数が律速し、決められた納期を守ることができなくなるリスクが潜んでいます。

 

以上のことから、当社のガラス基板のピット抑制装置【NP】はお客様のガラスの薄型化工程の効率改善に寄与できると考えています。

お問合せは下記よりお願いいたします。

TEL:072-770-1811

営業時間 8:30~17:15

お問合せフォーム

お急ぎの方はこちら
よくある質問
お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社NSCエンジニアリング All Rights Reserved.